雪用ではなく冬用

雪用ではなく冬用

寒さが本格的になってきましたね~。
スタッドレスタイヤへ交換される方もここ数日でかなり多くなってきました。
早めの対策はとても大事ですからね!

ところで、皆さんはスタッドレスタイヤとはどのようなときに使用するものだと思いますか?

多くの方は雪道用のタイヤだと思われているかもしれませんね。
確かに間違いではありません。
サマータイヤでは発揮できない性能もスタッドレスタイヤでは雪道でも発揮してくれます。

「じゃあ東京都や神奈川県ではまだまだ雪は降らないし、遠出の予定もないから夏タイヤでもオッケーでしょ」と言われると実はそういうわけでもありません。


路面の温度が60度前後になる夏場から、0度以下になる冬場まで常に変わらない性能を発揮するタイヤはいまだに発明されていません。
一般的に夏タイヤはメーカーやグレードにかかわらず外気温7度以上での使用を前提に設計をされています。

sutaddoresu
画像を見ていただくと分かるように100%に近い性能を発揮するためにはその状況に合ったタイヤを選択する必要があります。

夏タイヤで寒い雨の日にスリップしたり、急ブレーキで制動距離が伸びたという経験をした人もいるかと思いますが、
これはゴムが硬くなり路面をつかむ力が弱くなっている為です。

一方で、スタッドレスタイヤはというと気温7度以下の低温時にもゴムが硬くならないように素材を配合している為、
雪が降らない場所でも気温の低下する冬場には最適のタイヤと言えます。

もちろん雪道での排水性やグリップ力も追及しており、氷上での滑りの原因である水幕を吸水、除去する構造となっているので突然の降雪等、いざという時にも安心です。


雪道での走行の為にスタッドレスを装着するのはもちろんバッチリ!なんですが、
あまり雪の降らない場所、降らない時期でもスタッドレスタイヤを装着する意味がちゃんとあるんです。


雪が降った時の為にではなく、寒くなってきた今の時期からスタッドレスタイヤの準備をしてはいかがですか?


ではでは本日はこれで失礼します。

この記事のコメント

人気記事