どちらを選択する?

どちらを選択する?

昨日、中古タイヤに潜んでいる危険をいくつかご紹介しましたので引き続き中古タイヤ関連のお話を。

中古タイヤ

皆さんは中古タイヤについてどんなところに魅力を感じますか?

一番最初に挙がる理由として「安さ」が出てくるのではないでしょうか?
新品とは比べものにならないくらいに安く流通しています。

ここで一つ、「安さ」であればもう一つ選択肢があるのを忘れてはいませんか?


お気づきのかたもいらっしゃるかもしれません、「アジアンタイヤ」。

ajianntaiya

中国メーカーや韓国メーカー、台湾メーカーなどなど、今では多くの「アジアンタイヤ」と言われるものがここ日本でも流通しています。


巷では、「アジアンタイヤで事故が起きた」とか、「すぐバーストする」だとか様々な情報が飛び交っているようですが、果たしてこの情報を素直に受け入れていいのでしょうか?

未だ偏見などでアジアンタイヤへの不信感が消えていないのは事実ではありますが、
皆さんもご存じの日本メーカーや、欧州メーカーからの技術協力などもありこの10年ほどで技術は様変わりしています。

世界シェアを見るとこのように一部の日本メーカーをも上回る支持があります。


これを踏まえてまたもや中古タイヤのお話に戻りますが、
日本メーカーにこだわり、中古のタイヤを安く手に入れるのも一つかとは思いますが、
劣化状況や摩耗状況によって同商品の新品と比べると性能は明らかに落ちています。

同じような価格で購入できる新品のアジアンタイヤとあなたならどちらを選びますか?

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。