ランフラットタイヤとはなんぞや

ランフラットタイヤとはなんぞや

こんにちは!今日も武蔵村山店から発信でーす!


本日は「ランフラットタイヤ」についてのお話しです。


ランフラットタイヤとは、もしパンクしてもその状態から時速80キロまでのスピードで80キロ程度の距離を走行できますよというタイヤです。

従来タイヤは一度パンクしたらほとんどの場合それまで・・・というイメージが定着していたために、ランフラットタイヤの登場は衝撃でしたね!

今や欧州車では純正装備されている車があります。国産車では日産のR-35 GTRやLEXUSのGS、SCに標準装備されている、もしくは対応しています。

メリットとしては、スペアタイヤを積む必要がなくなるためその分スペースが確保できるという点、なによりパンクしてもある程度走れるので安心ですね。

デメリットは、タイヤ自体とても硬いのでロードノイズの原因になりうる点、そしてその価格といったところでしょうか。高額です。

ディーラー等で交換依頼すると工賃も高額です。



ところでなぜパンクした状態でそのようなことが可能なのか!

それはランフラットタイヤの構造に秘訣があります。

まずランフラットタイヤと従来のタイヤではタイヤの側面、サイドウォールの作りが異なります。

RFTと従来品

従来のタイヤに比べて、ざっくり言ってしまうと分厚く強固に作られています!

従来のタイヤでパンクするとサイドウォールがぺしゃんこになりますが、ランフラットタイヤは空気圧がゼロであっても、サイドウォールで車重を支えることで走行できます。

あくまで修理するまでの一時的な支えの役割ですが。


そして最大の疑問は、この便利なランフラットタイヤはどの車にも装着できるのか??という点です。

結論としてはできることはできますが、ランフラットタイヤを装着させるにはあらかじめそれに合わせて製造された車種に装着させることが望ましいです。

タイヤメーカーによっては車種やホイールの指定はないと謳っているところもありますが、

すべてのメーカーがそうではなく、他の部品も必要になる場合があるので確認が必要です。

例えばブリヂストンの場合、市販のアルミホイールに空気圧に異常があれば知らせてくれる”TPMS B-11”というタイヤ空気圧モニタリングシステムの装着が必須とされています。

TPMS

いずれにしろ空気圧の管理が重要ということでしょうか。

ランフラットタイヤが標準採用されている車に装着させた方が無難感があります。



最後に、読者の中でランフラットタイヤの交換でお困りの方いらっしゃいませんか??

先ほども述べた通りディーラー等に依頼するととんでもない金額を提示されたり、ホイールに傷をつけられたり。。

タイヤフィッターではランフラットタイヤを交換する際、通常工賃+ランフラットタイヤ技術工賃がたったの¥2,000!(4本、税別)

通常工賃+¥2,000で、しかもホイールに傷をつけない、タイヤフィッター独自のスキルを持ったスタッフが対応いたします!


例えば2015年式 BMW 5シリーズの18インチの工賃は・・・

¥9,000(組替えバランス調整、脱着、廃タイヤ処分×4本)
に加えて、
¥2,000(ランフラットタイヤ技術料×4本)
合計 ¥11,000!!!(税別)


これに平日割引とインターネット予約割引併用なら
最大\2,000の割引!!
交換が困難と言われる日産のR-35 GTR。その多くのオーナー様方にもご贔屓をいただいております!

こんなに便利なタイヤ屋、他にあります??


ということで、武蔵村山店からでした!

(画像拝借しております。)

この記事のコメント

人気記事