金ちゃんの大冒険 チューブ編 | タイヤ交換専門ショップ-タイヤフィッティング



金ちゃんの大冒険 チューブ編

金ちゃんの大冒険 チューブ編

今日は、こいつにチャレンジしたいと思います!

IMG_1170

普段からやっているタイヤ交換じゃないのか?

って思っている人もいそうですが、実はこのタイヤは普段の作業でやっている
チューブレスタイヤではないのですよ

実はチューブタイヤなんですよ!!

皆さんも馴染みのある物で言えば、自転車のタイヤと同じでタイヤの中にチューブが入っているんですよ。


今回は、このチューブタイヤの交換にチャレンジしたいと思います!
途中までは、普段のタイヤ交換と同じでビートを落としてチェンジャーに乗せて表側のタイヤを外します。

IMG_1168

そしてここからがチューブタイヤならではの交換になります。

表側のタイヤを外したら中に入っているチューブを取り出していきます。

IMG_1167

しかしこのタイヤ細くてチューブを取り出しにくかったです。


そしてチューブを取り出したらエアを入れて漏れがないかチェックをします。
エアが漏れたままのチューブを取り付けてしまったらパンクしたタイヤを取り付けるようなものなので危険です。
IMG_1166


チューブの漏れの確認が終わったら、タイヤをホイールから取り外しちゃいます。
これまた普段と同じ作業ですね


そしたら新しいタイヤを取り付けます。

タイヤを取り付けたら中にチューブを入れるのですが、この時に注意することがいくつかあります。

一つがバルブの向きです。
実はチューブにも表と裏があるんです。
チューブを平らに置いた際にバルブが上を向くようにします。下にしたまま入れてしまうとバルブをホイールから取り出すことができません

もう一つがチューブの入れ方です
入れ方に注意が必要なの!?って思う方もいると思ういますが、注意が必要なんですよ。

仮にチューブを適当に入れてエアを入れてしまうと、タイヤの中でチューブが絡まってしまいタイヤの中で爆発しちゃいます。
この爆発が笑えないくらい怖いんですよ。
一度目の前で見たことがありますが、目がまん丸くなるって、このことなんだなと思うくらい目がまん丸くなりましたからね。


では、どう入れてるかというとねじらない様に水平に入れていきます。
IMG_1160

これが意外と難しいんですよね

タイヤが太ければ少しはやりやすいんですが、今回のタイヤは細いのでかなり苦戦しました。
ちなみにバルブがホイールの中に落ちないようにバルブインサーターを使ってバルブを固定しておきます。
チューブを入れ終わったら、チューブをかまない様にタイヤを組んでいきます。
IMG_1162
タイヤを組み終わったらエアを少しづつ入れていきながら中のチューブがかんでいないか確認していきます。
チューブがかんでいないのを確認したらエアの調整をして完成です!
IMG_1158
今回の作業はかなり苦戦しましたが、自分にとっても勉強になる作業でした。
タイヤフィッターでは、このようにチューブタイヤの作業も行っておりますので、チューブタイヤの交換でお悩みの方は、ご遠慮なくご相談ください。

この記事のコメント

人気記事