意外と・・・

意外と・・・

せっかくの3連休初日だというのに雨だなんて残念ですね。
行楽シーズンにうってつけなのに!
ま、皆さんのお越しをお待ちしている我々にとっては雨でも一向に構いませんが(笑)。
作業はちょっとやりづらくなりますけどね。

さて、そろそろその登場シーズンが近くなってきたスタッドレスタイヤ。
タイヤフィッターでも特価販売キャンペーンを実施中ですが、スタッドレスタイヤって山が残っているように見えて意外と寿命が近くなっているってこと、ご存知ですか?

まず、この画像を見てください。
これ、とある車から外したスタッドレスタイヤなんですが、パッと見、まだ全然山があるように見えますよね?


排水性については全く問題なさそう。
では、スタッドレスタイヤとしてどうかと言われると、寿命がそんなに長くないのです。
それが確認できるのがこのグルーブの中に埋め込まれている「プラットフォーム」。
赤い丸で囲っている部分がそうなんですが、この部分がサマータイヤで言うところのスリップサインに相当します。
このプラットフォームの頂点と、隣接する接地面の頂点が同じ高さになったら「スタッドレスタイヤとして性能を発揮できる限界」と言うことなんです。


ほら。ナナメから見ると意外に高さの差がないでしょ?


別に皆さんに「スタッドレスタイヤ、今すぐ買って!」と言うつもりはさらさらないんですが(笑)、お手持ちで保管しているスタッドレスタイヤの状態を確認して、必要があればお声かけください。
いつも言ってますが、スタッドレスタイヤは在庫がある早期に確保するのが吉ですよ!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。