なんじゃこりゃー!!

なんじゃこりゃー!!

今日は風が強くて寒い日ですね。
武蔵村山店は風のおかげで作業場の掃除がとても大変でした(涙)

おっと、自己紹介が遅れました。
タイヤフィッター武蔵村山店 新人の佐野です!
みんなからは佐野ちゃんと言われています。

まだまだ勉強中の僕が本日のブログを更新させていただきます!

昨日のブログでパンク修理の方法について更新していましたが
本日 外面からの修理が怖くなるようなタイヤが、、、

まず、こちらのタイヤをご覧ください。



一見 溝もありまだ使えそうなタイヤですね。
しかし、よく見ると…..ん?




サイドウォールが削れてる!
そして外面からのパンク修理の跡が。

恐るおそるタイヤをバラシ中を見てみると、、、、





なんじゃこりゃー!
ボロボロやないかーい!!


恐らくパンク修理をする前からこれに近い状態だったと思われます。

もし外面修理を行う前にこの状況だとすると、酷いですね。

外面からのパンク修理だと中を見ることができないので
気付かずに修理をしてしまったのでしょう…..

ゴムの粉がゴロゴロしていますが、低い空気圧で走り続けたのでしょう。

サイドウォールにとてつもなく負荷がかかり、熱と摩擦により、

剥がれていきます。

ポップコーンか!!!(スイマセン)


オーナーさんがそのままタイヤを乗り続けていたらと思うと

ゾッとしてしまいます。

このような事を起こさない為にもタイヤフィッターでは

外面の修理は一切行っておりません。

パンク修理のご依頼があれば、必ずタイヤ・ホイールを一度分離させて、

外から見えない内面の状況を確認します。

そこから修理ができるか・できないかの判断をいたします。

パンク修理もタイヤフィッターお任せください。

誰もが安心して車に乗りたいですもんね。


皆さんに安心してドライブを楽しんでいただく為、
佐野ちゃんは毎日勉強しています。

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。