引っ張り!!!

引っ張り!!!

引っ張り!! 
皆様。お疲れ様です。

金曜日ですね。仕事終わりに「一杯行こう」なんてことは

今は少なくなったんですかね。


「花の金曜日」なんて少し前は言われていましたが・・・・・どうなんでしょう。


我々はこういったお仕事をさせていただいておりますので、

全スタッフが車またはバイク通勤なので、なかなか難しいですね。

土曜日、日曜日がお休みという方もいらっしゃいます。

「飲みすぎないように~」(笑)(おでん屋さんとかいいかもしれませんね)


今日も北風がヤバい武蔵村山店からお届けいたします。

10月1日オープンから根強いお問い合わせランキング上位に入ってくるのが、

引っ張りタイヤについてです。

「10Jの20インチなんですけど・・・・・ 215/35R20って組めますか???」

などなど。これに近いお問い合わせ多数いただいております。

まずはタイヤフィッターをネット等で見つけていただき、お問い合わせをいただいた

ことについて、非常に嬉しいです。ありがとうございます。

しかし多くのお問い合わせをいただく中で、お断りをするケースが

8割~9割ほどです。(非常に心苦しいです)



なぜお断りしなければいけないのか・・・・・



冒頭でもお客様のお問い合わせ内容を記載しましたが、ホイールのサイズと

タイヤサイズの組み合わせが危険すぎるんです。

たまたまタイヤフィッター武蔵村山店に似たような組み合わせがあったので、

試してみました。(苦笑)

エアーが溜まらず非常に苦労しました(汗)

※あくまでもディスプレイ用として、みなさんにわかりやすくするため作った

セットです。ご依頼いただいてもサイズによってはお断りいたしますので、

あらかじめご了承ください。


このホイールはまさに10J×20インチです。

タイヤはアジアンタイヤ225/35R20。

さぁ横からの面??マッチングを見ていただきましょう。

これです。↓



お分かりですか?

ビードと言われる部分がホイールのフランジ部分に密着してエアーが溜まり、圧力を保ちます。

しかしこの画像ではサイドウォール部分が捲れあがりそうです。

ホイールの幅に対してタイヤの幅が細すぎます。



個人的に細すぎはチョット・・・・・  スイマセン。



もともと10Jという幅は推奨のタイヤサイズで言うと285~295が適正です。


組み付けることはできても、タイヤに幅がないのでカパカパ。

エアーを溜めることができませんね。

我々はある程度の経験がございますので、だいたい組み合わせを

聞けばイメージができますので、作業前の段階で判断できます。

ただでさえ扁平の薄いタイヤで普通に運転していても、注意することは

いっぱいなのに・・・


ちなみにエアーを抜くだけで、この状態になります。


※ビード落ちと言われる現象

タイヤが元の幅に戻ろうとしてこの状態なります。(しぼむようなイメージ)

ホントに危険ですので、我々ではこういったマッチングの作業はお断りを

しております。

お困りなこと等あれば一度タイヤフィッターにお問い合わせください。

適格なアドバイスができるスタッフ揃いです。(笑)

ではでは。今日はこの辺で。

武蔵村山店からお届けしました。