なんで毎シーズン交換するの?

なんで毎シーズン交換するの?

ここ最近は春の陽気になり毎日が過ごしやすいですね。
スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換作業が増えてくることでさらに春の訪れを感じます。

さて、みなさんは既にスタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換はしましたか?

本日お話をさせていただくのは、スタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換する必要性についてです。

夏冬タイヤ

よく考えてみてください。
冬にはスタッドレスタイヤに交換して春ごろにまた元に戻す。
その次の冬も結局スタッドレスタイヤに交換するのであればそのままスタッドレスタイヤだけ履いていればいいんじゃないのか?

確かに、夏タイヤで雪道や凍結路を走行するのはかなり怖いイメージがありますが、
スタッドレスタイヤで乾燥路を走行するのに対して上に比べるとそこまで怖いイメージはないような気がしますね。

しかし、降雪や凍結の心配がなくなる時期にはやはりサマータイヤへの交換をオススメしています。
それはいったいなぜなのでしょう?


まず夏タイヤとスタッドレスタイヤの機能の差として大きな違いの一つに水はけ能力があります。

水膜
夏タイヤ → 厚い水膜を弾き飛ばす
スタッドレスタイヤ → 溶けて薄くできた水膜を吸い上げる

というような違いがあります。

夏タイヤへ交換しすぐにやってくるのが梅雨の時期。
早速雨での走行になるわけですが、路面に溜まった水膜(水たまり)は冬の凍った路面が溶けたことで発生した水膜とは比べものにならない量ですね。
スタッドレスタイヤではこの水膜を多少吸い上げることはできてもすべてを吸い上げることは困難です。
また、スタッドレスタイヤは吸水することで多くの水分を含んでしまい柔らかいトレッドは水圧に負け変形しタイヤとの間にある水膜を切り取る力が弱まってしまいハイドロプレーニング現象にもつながる危険も高くなります。

スタッドレスタイヤのまま走行すること自体には問題はないのですが、安心・安全の為にも早めに夏タイヤへ交換はしておきたいものですね。
もう少しで履きつぶせるからなぁという方も、走行する際にはこういった部分を考慮しながら慎重に運転してくださいね!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。