タイヤはゴム!!

タイヤはゴム!!

はい。皆さん こんばんわ。
今日は各自治体や市などで「消防出初式」がおこなわれているようです。みなさん「出初式」って知ってます?簡単に言ってしまえば消防関係の仕事始めですね。

ワタシは横浜在住ですので、横浜市の出初式を数回子供たちと見に行ったことがあるのですが、海に向かって放水やヘリでの救助デモンストレーションなど演出がすごく良いです。
横浜は本日やっているみたいなので、もし気になったら来年見に行ってみては(笑)働くクルマが好きな子供はヤバイっすよ。

さぁさぁ。我々タイヤ交換をメインのお仕事とさせていただいておりますが、その中でも空気圧の管理ってのが一番重要となってきます。新品タイヤに交換するとゴムが馴染むのに少し時間がかかります。馴染むと空気圧が下がる傾向にあるとご案内していす。 ????  「馴染む」ってなんだ?? 空気圧が下がる・・・なんで??
素朴な疑問ですね。
ご説明差し上げましょう。新品タイヤの場合ゴムが非常に硬い状態です。この状態から走行を進めていきますと、摩擦熱やゴムの運動によりゴムが柔らかくなっていきます。ゴムが柔らかくなると内圧に押され伸びようとするので、組み付けをした直後の容積よりも若干大きくなります。容積が大きくなる最初に合わせた空気圧よりも下がって表示(エアーゲージ)されることになりますよね。つまりこれがゴムの馴染みとなります。

大体一週間乗ってもらえば、馴染むと考えています。ここで一度チェックをしていただき、あとは最低でも月1回ぐらいはエアーチェックをしてもらえるといいですかね(笑)エアーが不足したまましばらく走り続けていると、タイヤの摩耗状況が変わってきます。なので今後の注意点などとしてお客様にアドバイスさせていただいております。代表的な空気圧不足の摩耗例です。
   タイヤの中心部分は溝が残っているのに、両サイドは全くありませんね。ワイヤーまで出てしまっています。これは危ない(涙)空気圧の管理はホント大切なのです。最近見てない方!!ガソリンスタンドなので見てみましょう。(笑)ではでは。

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。