病は気から(大汗)エア漏れは腐食から!

病は気から(大汗)エア漏れは腐食から!

病は気から(大汗)エア漏れは腐食から!

とうとう風邪を引いてしまいました。体調管理はしてたつもりなんですが・・・。病は気からって言いますからね。もっともっと気を引き締めねばいけませんね。
さて本題へ行きましょうか。

題して『エア漏れは腐食から』

先ずはこちらをご覧ください!



腐食と言うか腐っちゃってます。こうなってしまうと我々が行える対策も意味しません。

ビードシーラーをタップリ塗ったとしても止まらないでしょう。

こんなになってしまった原因はおそらくこれ



推測される原因はパンク修理。
修理前にタイヤの中に水が浸入し、そのまま差し込みタイプのパンク修理を行ったと考えられますね~。結果腐食が酷くなったと推測されます。

ホイールからタイヤを外した時はこの3倍ほどの水が入っていました。(汗)
(タイヤフィッターでは差込タイプのパンク修理は行ないません。)

タイヤの中から修理していればこんなになってなっかったかも・・・。

パンク修理に限らず、タイヤの中に水が溜まった状態で持ち込まれるお客さまがおられます。
作業する前に拭き取って組み付けするのですが、完全には拭き取れません。
ホイール・タイヤを傷めたり事故を起こさないためにも、ホイール・タイヤは濡らさない方がいいですね。

結局このお車のオーナー様は40万円オーバーの出費になってしまったとか。(大汗)

こうならない為にも気を付けておかないと。(苦笑)

それでは!!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。