カスタムは安全に!

カスタムは安全に!

突然ですが皆さん、車いじりしてますか?
最近の車は純正品でもかなりカッコよく作られていたりもするので車いじりをする若者も少なくなっちゃいましたよね。
実際、私も純正品ラブな若者です。(笑)

ただ、やはりかっこよくカスタムしてある車も憧れます。
カスタムをするにあたって様々なアイテムが存在しますね。

我々がよく関わりのあるアイテムで言えばタイヤホイールですね。
インチアップして車高下げてツライチにしてなどなど様々なカスタムを足元だけでも楽しめます。

こので、ツライチにするためのアイテムの一つであるスペーサーについてのお話。
通常、スペーサーという板を挟むことでホイールを外側に出してあげる事ができますね。
ただこの際に板が厚すぎるとボルトの長さが足らずにナットのかかりが浅くなり緩みや折れに繋がることがあります。

そのため、ただ板を挟み込むだけのスペーサーの他に純正ボルトにナットで取り付けるワイドトレッドスペーサーという部品もあります。
前置きがかなり長くなりましたが今日はこのワイドトレッドスペーサーに関してのお話。

ワイトレ

このワイドトレッドスペーサー、実は様々な危険が潜んでいます。

まず、純正のボルトにこのように装着をするため
ワイトレ2
本来はハブで受け止めるべき力がワイドトレッドスペーサーに直接かかってきてしまうので
テコの原理の様な力でに負荷は増してしまうのでこちらは要注意。
こちらもしっかりとハブの径があった状態で使用いなければいけませんね。

ただ、車体側はハブが合っているのにホイール側が合っていなければ結局ワイトレ側のボルトに負荷がかかるほかハンドルのブレ等にも大きく影響してきます。
しっかりとハブの付いたワイドトレッドスペーサーを使用してあげましょう!!
ハブ付き

ワイトレは装着した際にのこういった状態になります。

ワイトレ 逃げ

このように純正ボルトがホイールの逃げの部分に収まります。
しかし、この逃げにしっかりと収まっていないと、、、
このようにボルトが邪魔をしてホイールと車体側の面に隙間が生じてしまいます。

2

これ、もう、装着出来てない状態ですね。


こういったことにならないためにもしっかりと装着の際には確認をしておきましょうね!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。