ジャンルの違うタイヤの空気圧

ジャンルの違うタイヤの空気圧

「熱風が、飛び交う真夏の、タイヤ交換」

 

いや~、ほんと下手くそですいません(笑)!!なんかいいものを作ろうと思ったんですけど・・・。自分のボキャブラリーの少なさに愕然としています(笑)

何が言いたいのかというと炎天下だろうが真夏だろうが3店舗元気に営業しています!!ということで・・・。

 

さて、気を取り直してブログとまいります。

 

本日はタイヤの空気圧についてです。

以前のようなものではなく今回取り上げるのはロードバイク等の自転車のタイヤです。

「タイヤ=自動車」とイメージとしてあるかとは思いますがある人によっては「タイヤ=自転車」なんていう方もいらっしゃいますよね?
そう!タイヤって車だけではないのです・・・当たり前か(笑)

実は私、数か月前にロードバイクなるものを買ったのです。・・・全然乗れてないのですが(笑)

※画像拝借しております。


ロードバイクの場合車と大きく違うところはタイヤが細い!見りゃ分かりますよね(笑)

ロードバイクは基本的にスピードを争うもの。そこには速度の抵抗勢力といってもいい空気抵抗をいかに少なくするかが求められます。例えば姿勢だったり、ユニフォームだったりと、そしてそれにはタイヤにも求められており細いタイヤ程空気抵抗が少ないとされているようです。


この細いタイヤでいろいろな路面を自動車同様走り抜かなければいけないのが1つ。
ましてや通常の自転車(ママチャリ等)よりも速度を上げて走るのがロードバイクの醍醐味の1つ。速度を上げるためには空気圧を上げる、もしくはタイヤが波を打たないように空気圧を上げる。これがロードバイクにとって重要な空気圧管理なのでしょう。
・・・いかんせん私はロード初心者。ロード熟練の方々、差異があったら申し訳ございません!!

ここで自動車とロードバイク等の空気圧をご紹介します。

※画像拝借しております。

通常自動車に記載されてるこのドアシール。
右上に書いてあるのは単位となります。

kPa・・キロパスカル
kgf/㎠・・・重量キログラム毎平方メートル

タイヤサイズと書いてある斜め右下の数字は210kPa、カッコは2.1kgf/㎠
つまりこの車の規定の空気圧を記しています。

それでは自転車は?

※画像拝借しております。


bar・・・バール
PSI・・・ポンドパースクエアインチ※読み方はいろいろ有り

少し前に空気圧の単位についてブログでもご紹介させて頂きました。
アメブロ
http://ameblo.jp/tire-fitter/entry-12188745866.html

タイヤフィッターブログ
http://www.tire-fitter.co.jp/7531/

つまり写真のものですと・・・

455kPa~700kPa!!

自動車は自動車でも貨物やトラックぐらい入れるんです。こんな細いタイヤなのにここまで入れるとは想像もつかなかったです。
なんでも人間の体重や車重で適正の空気圧が変わるというもの。やはり根っこの考え方は自動車と同じなんですね~。

さて、今回はタイヤはタイヤでも少しジャンルの違うタイヤの空気圧について勉強させて頂きました。
これで私も通勤にロードバイクを使って運動不足解消だー!!・・・まずは押入れからださなきゃな(笑)

本日はこの辺で・・・。

—————————————————————————-

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報 

—————————————————————————

 

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。