TPMS(タイヤ空気圧監視システム)とは?

TPMS(タイヤ空気圧監視システム)とは?

TPMS」とは何のことか、ご存じでしょうか?
タイヤ(T)プレッシャー(P)モニタリング(M)システム(S)の略で、日本語だと「タイヤ空気圧監視システム」といいます。

簡単に言うと「空気圧センサー」のことで、車内にいながらタイヤの空気圧を確認できるシステムのことです。

今回はこの“TPMS”の特徴をまとめてお伝えします。

tyre-black

 

TPMSの特徴やメリットは?

タイヤの空気は何もしていなくても自然と減っていくもの。それゆえに、こまめな空気圧チェックが必要です。

空気圧を測定するには空気圧計が必要ですが、このTPMSの機能があれば、空気圧の異常をより早く検知でき、トラブルを早めに回避できるわけです。

TPMSには“直接式”と“間接式”の2種類があります。

直接式はアメリカ製の車に多く、間接式はヨーロッパ製の車に多く装備されています。

直接式”とは、各タイヤ内部の圧力センサーから直接データを送信するので、走行中にタイヤの空気圧や温度をチェックできます。

直接式TPMSのメリットは、各タイヤごとに状態の確認ができ、空気圧が適正でない場合に起こる「偏摩耗」を抑えられ、タイヤの寿命と燃費が向上します。

一方の“間接式”は、車体に取り付けられたABS(アンチロック・ブレーキ・システム)センサーを利用し、タイヤの回転数をはかることで空気圧の低下をチェックできるものです。

メリットは、ABSセンサーを使用するため、TPMSの部品を買う必要が無いことや、タイヤの回転速度を測ることで空気圧が確認できるため、タイヤの着脱が不要です。

TPMSのデメリットは?

TPMSには「直接式」と「間接式」の2種類があるとお伝えしましたが、それぞれデメリットがあります。

まず直接式の場合、バッテリーが動力になっているので、定期的なバッテリー交換が必要になります。

間接式の場合のデメリットは、ABSの機能であるタイヤの回転速度数を利用して空気圧を確認するので、直接式よりも精度が低くなります。

wheel-tire

 

TPMSはどんな車についている?

TPMSが装備されている車には、メーター内や運転席側ドアを開けたところに「タイヤのシルエットの中に“!”を記したマーク」があります。

wheel-tire

このマークがタイヤ空気圧警告灯になります。

アメリカでは2007年以降、ヨーロッパでは2012年以降の新車にはTPMS装着が義務付けられているそうです。

よって現在では、海外メーカーの車種にはほとんどにTPMSが装備されているというわけです。

日本ではまだ完全義務化はされていませんが、国産車でも装備する車種が増えつつあります。

sports-car

 

持ち込みタイヤ交換なら「タイヤフィッター」

今回は「TPMS」の特徴についてまとめました。

タイヤへの履き替え・交換をお考えなら、当タイヤフィッティングサービスへご相談ください。

東京都23区・多摩地区・神奈川県横浜・川崎・相模原

中央区・港区・品川区・目黒区・大田区・渋谷区・町田市
横浜市鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区・港北区・戸塚区・港南区・旭区・緑区・瀬谷区・栄区・泉区・青葉区・都筑区
川崎市川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市
相模原市緑区・中央区・南区
厚木市・海老名市・綾瀬市・大和市・座間市・鎌倉市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター横浜都筑店

東京都多摩地区・埼玉県南部

八王子市・立川市・昭島市・東村山市・福生市・東大和市・清瀬市・武蔵村山市・羽村市・瑞穂町
埼玉県ふじみ野市・富士見市・志木市・新座市・三芳町・狭山市・入間市・所沢市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター武蔵村山店

東京都23区・多摩地区・神奈川県北央・埼玉県の一部

千代田区・新宿区・文京区・世田谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区
武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・小平市・日野市・国分寺市・国立市・狛江市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市
神奈川県相模原市緑区・中央区・南区
埼玉県朝霞市・和光市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター府中店

これら地域からのご依頼に対応しております。

どんなサイズでも、どこで購入された商品でも、組み換え作業をいたします。

お客様との信頼関係を第一に考え、アフターフォローも実施しております。

ぜひお気軽にご相談ください!

 

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。