激安中古タイヤを選ぶときに気をつけたいポイント

激安中古タイヤを選ぶときに気をつけたいポイント

自動車にも中古車があるように、タイヤにも中古タイヤという販売ジャンルがあります。

タイヤ交換をうけたまわっている弊社タイヤフィッターでも、多くのお客様に中古タイヤをお持ち込みいただいています。

新品購入では高額な国産タイヤも、中古になるとお得に購入できるのはうれしいですよね。

そこで今回は、中古タイヤを購入する際に気をつけたいポイントについてご説明します。

tyre-black3

 

気をつけたいポイント5つ

1.タイヤの溝の深さ

タイヤの溝が浅くなるほど、タイヤの排水性は悪くなり、スリップしやすくなります。

なるべく“溝が深いもの”を選びましょう。

・スリップサインとプラットホーム、何が違う?

2.製造年週の古さ

タイヤに刻印された製造年週が古い場合は要注意!
ゴムという素材の性質上、経年劣化でタイヤが硬くなってしまうからです。

硬いと乗り心地に影響しますし、走行中の異音(ノイズ)や、バーストの遠因にもなります。

製造年週を確認し、なるべく新しいものを選びましょう。

《製造年週の確認方法とは》

タイヤのサイドウォール部に刻印されている4ケタの数字が製造年週を表します。

例えば2017年の4週目(2017年1月22日週)に製造されたタイヤには『0417』と刻印がされており、前半2ケタは『週』、後半2ケタは『年』を示しています。

3.ビート部分に傷みは無いか

ビードは、タイヤとホイールをつなぐ大事な部分です。
この部分にキズなどの傷みがあると空気が抜けてしまい、重大な事故につながる危険性もあります。

4.大きなパンク修理跡やキズはないか

大きなパンク修理の形跡や、横にキズがあるタイヤは、そこから大きく裂けてバーストしてしまう危険性があります。

5.保存・劣化状況

雨ざらしのまま放置されたり、直射日光や紫外線にさらされたりしたタイヤは、バーストやひび割れがおこりやすくなります。

なるべく保存状態の良いタイヤを選ぶようにしましょう。

wheel-tire3

 

中古タイヤ関連コラム

弊社コラムでは、ほかにも中古タイヤに関する情報を掲載しております。

ぜひあわせてお読みください。

・中古タイヤについて(2017.08.17)

・中古タイヤのトラブルが絶えません(2016.08.30)

 

タイヤ交換持ち込みなら「タイヤフィッター」

今回は「激安中古タイヤを選ぶときに気をつけたいポイント」についてまとめました。

中古タイヤには、上記にまとめたポイントだけでなく、エアーを入れないとわからない劣化トラブルも存在します。

新品、中古問わず、タイヤへの履き替え・交換をお考えなら、当タイヤフィッティングサービスへご相談ください。

東京都23区・多摩地区・神奈川県横浜・川崎・相模原

中央区・港区・品川区・目黒区・大田区・渋谷区・町田市
横浜市鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区・港北区・戸塚区・港南区・旭区・緑区・瀬谷区・栄区・泉区・青葉区・都筑区
川崎市川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市
相模原市緑区・中央区・南区
厚木市・海老名市・綾瀬市・大和市・座間市・鎌倉市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター横浜都筑店

東京都多摩地区・埼玉県南部

八王子市・立川市・昭島市・東村山市・福生市・東大和市・清瀬市・武蔵村山市・羽村市・瑞穂町
埼玉県ふじみ野市・富士見市・志木市・新座市・三芳町・狭山市・入間市・所沢市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター武蔵村山店

東京都23区・多摩地区・神奈川県北央・埼玉県の一部

千代田区・新宿区・文京区・世田谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区
武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・小平市・日野市・国分寺市・国立市・狛江市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市
神奈川県相模原市緑区・中央区・南区
埼玉県朝霞市・和光市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター府中店

これら地域からのご依頼に対応しております。

どんなサイズでも、どこで購入された商品でも、組み換え作業をいたします。

お客様との信頼関係を第一に考え、アフターフォローも実施しております。

ぜひお気軽にご相談ください!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。