ついでが重要!!

ついでが重要!!

本日もまぁいい天気。武蔵村山店はなかなかいい風が入ってくるのでかなり助かっていますが横浜都筑店の方は蒸し風呂状態かな?
ゴールデンウィークが過ぎ暑さもどんどん力をつけてきていますね。
さて、みなさんの中にゴールデンウィークに合わせて古くなってしまったタイヤを交換された方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?
ということはですよ、タイヤを交換してから数週間が経過した位になるわけですね。
まだ新しいタイヤに交換したばかりだから何も心配ない!!と思っている方、その考えはとっても危ないですよ!
まず一つに、新しいタイヤでもパンクしてしまう可能性が今までと同様ありますね。
過去にタイヤ交換をしてまだ数日なのにパンクしてしまった!というお客様も数多くいらっしゃいました。
すぐに気が付ければいいのですが、少しづつエアーが漏れていき低圧のまま走行してしまうとせっかく新しく交換したタイヤを使用できなくなってしまう可能性もあります。
もう一つに以前にもお話をしたこともありますが新しいタイヤに交換したばかりだと馴染むことで内圧が低下する傾向もあります。
これは硬い状態の新しいタイヤが熱や走行によるたわみなどで徐々に柔らかくなり空気が中から押すことでゴムが伸びていきます。
このことで交換したばかりの容積に比べて少し大きくなるわけです。容積が大きくなっているということはその容積に合った適正の空気圧にしてあげなければなりません。
空気が抜けてしまうというわけではないですがもちろんこちらもきちんと空気圧管理をしなければいけません。
適正の空気圧が入っていないだけで燃費や摩耗状況にも影響してしまいます。
しっかり空気圧の管理をしていないとタイヤ本来の性能が発揮できない他、タイヤの寿命にまで影響してしまうんです!
当店ではお客様が新しくタイヤを交換される際に指定の空気圧がなかった場合、上記の内容も考慮し適正の空気圧よりも少しだけ高めに設定させて頂いております。
最後にお渡ししているタイヤフィッターからのお知らせにも記載していますが、お客様にて空気圧の点検もお願いしています。

写真1
安心、安全、そして経済的にお車に乗る為にもガソリンを給油するついでに空気圧もチェック!というのをおすすめします!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。