出たり引っ込んだりラジバンダリ

出たり引っ込んだりラジバンダリ

最近は本当に暑くなってきましたねぇ。夏が近づくと冬が恋しくなるんですよね~。
冬は武蔵村山店の風が強過ぎるってぐちぐち言っていたのに、、(笑)
シャッターを閉めて作業していた頃が懐かしいです。

さて本題に入りますか!
最近、社外ホイールに交換をされるお客様がたくさんいらっしゃいます。
デザインもかっこよくホイール一つでお車の印象もガラッと変わりますもんね!
詳しい方はご自身で調べて、もしくは店員さんと相談してお車に合ったホイールをご購入されていると思います。
本日はホイール購入の際に気を付けなければいけない点の一つである『オフセット』に関してのご紹介となります。
そもそもなぜいきなりオフセットに関してなのか?
先日、お客様よりお持ちいただいたタイヤを社外ホイールへ組込み作業をさせて頂いた際、ついでに車にも装着して!との事だったのでお車からタイヤを外し取り付けようとした時、、、んんっ?
タイヤの内側に手を当ててみると少しだがサスペンションと干渉している!!
もともと装着されていたホイールとこれから装着しようとしていたホイールの『オフセット』が違ったのです。
はてさて、ではそのオフセットとは何ぞや!
それはホイールの中心と取り付け面(ディスク部)との距離がどちら側にどれだけの距離があるかを表した数値のこと。
ちなみに、ホイールの中心よりも取り付け面が外側にあるものをインセット(プラスオフセット)、内側にあるものをアウトセット(マイナスオフセット)と言います。
では今回のように内側のサスペンションに干渉してしまった原因とは?
太さは同じホイールですが、元々装着されていたホイールのオフセットよりもこれから装着するホイールのオフセットが増えていたのです。
オフセット

 

上の写真を見ながらだと分かりやすいかと思います。
例えば、元々のホイールのオフセットが「+30㎜」  これから装着するホイールのオフセットが「+40㎜」
この場合ホイールの中心よりも取り付け面が外になる為、タイヤ(ホイール)は車体の内側へ「10㎜」引っ込む形になります。
じゃあオフセットが元々の数値よりも低ければオッケー!?
いえ、もちろんこれも注意が必要ですね。
では元々が「+30㎜」に対して新たなホイールが「+20㎜」になった場合、今度は逆に車体の外側方向へタイヤ(ホイール)が出ます。
車体よりも外側へ移動することでフェンダーよりも外に出てしまったり、干渉してしまうことがあります。
しっかりとお車に合ったものを購入しなければ装着すらできずに勿体ないですよね。
停車状態で干渉などがみられない場合でも、走行状態によって干渉してしまうケースもありますので、ホイールを購入される際には今回のオフセットも一緒に確認しましょうね!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。