鍛造。それは塑性加工。 | タイヤ交換専門ショップ-タイヤフィッティング



鍛造。それは塑性加工。

鍛造。それは塑性加工。

梅雨真っ盛り!
事務所はエアコン切るとムシムシするし、つけると寒いし。
皆さんも風邪などひきませぬよう。
午前中にご来店の2台、家系図をたどっていくと同じご先祖に行きあたる「日産 スカイライン V35 クーペ」と「日産 GT-R (R35)」。
型式で使用している「35」という数字からもそのあたりがうかがえます。
P1050558

 

 片や、日本だけでなく世界中のスポーツカー愛好家をうならせるパフォーマンスを持った GT-R。

片や昭和37(1957)年から伝統の名前を継承しているスカイラインは現行型ではダウインサイジングターボエンジンを搭載したりハイブリッドスポーツを名乗るようになっています。
スカイラインってスポーツイメージが薄れてきたようにも思うんですが、この35型のクーペは結構アツい!
ご来店のこの車両を見るとトランスミッションはマニュアルだし、ホイールはこういう形。

P1050560

ちょっと見、社外品のように見える軽そうなアルミホイールはメーカー純正の鍛造製でした。ちゃんと「FORGED(鍛造)」の刻印が入ってるんですね。
R35とはベクトルが違いますが、スポーツカーとしての要素を残してるのは嬉しいところです。

P1050561

 

両車ともきちんとタイヤを交換してもらって、良いコンディションでドライブしていただけそうです。
最近、「セリカ」や「ブルーバード」を始めとして伝統の車名がどんどん消えて行ってしまってますね。
「スカイライン」の車名も現行車型にモデルチェンジする際、消滅の危機だったとか。
ぜひ、国内向けの車には残していただきたい!
個人的にはそう思ってます。

この記事のコメント

人気記事