今日こそ 注意ですよ!! | タイヤ交換専門ショップ-タイヤフィッティング



今日こそ 注意ですよ!!

今日こそ 注意ですよ!!

皆さんご無事ですか??

物凄い雨ですね。傘をさしていても下の方はずぶ濡れですよね・・・・・

交通機関にも影響が出ているようで、くれぐれもお気を付けて行動されてくださいね。

我々タイヤフィッター武蔵村山店がある武蔵村山市にも土砂災害警報が発令されるほどで、道という道が川でしたね・・・

水たまりで怖いのは コレ!! 「ハイドロプレーニング現象」ですね。

ハイドロ2

今日みたいな日は起こりやすかったりするのではないでしょうか。なので少しお勉強しましょう。

ハイドロ1

ハイドロプレーニング現象とは、自動車が水のたまった道路を高速走行している際に、
タイヤと路面の間に水が入り込んで、車が浮いたような状態になることを言います。
その結果、ハンドル操作やブレーキが効かなくなり、事故に繋がることも少なくありません。

では、もし走行中にハイドロプレーニング現象が起こったら、どう対処すればいいのか?
以下の方法によって、事故を防ぐ可能性を高めることが出来るようです。

・ブレーキを踏まない
・ハンドルは切らない
・シフトダウンしない

何もしないで、タイヤのグリップが回復するのを待つのが一番ということですね。

対処法があると言っても、ハイドロプレーニングが起きないのが一番ですよね。
そのためには、どのような状況でこの現象が起こりやすいのかを知っておく必要があります。

【トンネルの出口】
乾いたトンネル内の路面から、トンネル外の水が溜まった路面に突入する時は特に注意が必要です。出口がカーブになっているトンネルではさらに気を付けましょう。

【雨が止んだ直後】
気のゆるみは事故のもとです。雨はやんでも水たまりは残っていることがあるので、注意して走行を続けましょう。

【道路上に轍(わだち)がある場所】
轍(わだち)がある場所では、水はけが悪くなり、雨が止んだ後も水が溜まっていることがあるので、注意しましょう。

雨にも負けず、安全な走行を常に心がけることが大事ですね。

これからも台風の接近があるようですので、ホント気を付けましょうね。

今日は簡単に・・・・・   ではでは。

この記事のコメント

人気記事