ぽっこり。

ぽっこり。

暑いっすね。まぁ毎日同じこと言ってますが(苦笑)。
横浜都筑店では外気温が高すぎてエアコンの効きも弱くなるありさま。
皆さん、熱中症に用心ですよ!

そんな日曜日。ある1本の電話がかかってきまして。
お客様(客):おとといタイヤ交換してもらったんですが…。
タイヤフィッター(タ):はい、ありがとうございました。
客:走行すると振動が出てですね…。
タ:バランスウェイトが剥がれたかもしれませんね。80km/h位で振動が出ますか?
客:いえ…。20km/h位なんです…。
80km/h位の走行で振動が出ることはバランス剥がれが原因となって発生することはあるんですが、20km/hで出るってことは最悪、ホイールがきちんと取付できていない可能性がある!
作業終了後にはきちんとトルクの二重チェックもしているけれど…。
少し緊張しながらお客様の車を確認させてもらった結果がこちら!

image1

分かります?
タイヤのトレッド面がポコッと膨らんじゃってます。
これ、「セパレーション」と言って、タイヤ内部の構造が破壊されてエアをタイヤ内部で抑えきれなくなっちゃってる状態。
例えは変ですが人間でいうところの脱腸みたいなものなんです(苦笑)。
実はこのタイヤ、オークションで買われた中古タイヤだったのです。
組替え時や帰宅された際には全く問題がなかったものの、今朝になってセパレーション発生。
これだけ膨らんでしまっていたらそりゃ低速でも振動が出ますよね。

いつも言ってますけど、中古タイヤはこういったトラブルが出る傾向があります。
メジャーな名前のメーカー中古品を買うくらいならアジアンタイヤの新品を買う方が安心安全ですよ!
名前を買うか、安全を買うか。
タイヤを購入する際にはちょっと気にかけてくださいね。

この記事のコメント

人気記事