タイヤの寿命って??? | タイヤ交換専門ショップ-タイヤフィッティング



タイヤの寿命って???

タイヤの寿命って???

こんにちは。

今日は久しぶりに暑さを感じました。(汗)

なんだかまだ夏のなごりは続きそうですね~。

さてさて、
皆さんはタイヤの寿命をどの部分で判断していますか??

2015010801_01

 

一部の説では「タイヤの寿命は5年」なんていうお話もありますが・・・
それはあくまで目安であり、オーナーの運転の仕方、クルマの保管状況によってタイヤの寿命は変わってきます。
ではタイヤの寿命はどのように判断していけばいいのでしょうか。
とりあえず、まずは自分で確認できることはやりましょう。(笑)
溝が少なくなっていないか、傷はないか。
タイヤを長年装着していると、溝の部分・側面にヒビが入っていきます。ゴムの劣化となりますので、これはしょうがないことです。
まぁ一番わかりやすい指標はスリップサインですね。

v25_f4

 

すべてのタイヤにスリップサインがあり、溝が1.6mmになると現れます。これが出た状態で走ることは法律で禁止されており、
車検も通りません。
ガソリンを入れるついでに少しチェックをすることを習慣づけることも大切です。
タイヤを交換せずに走り続けると、制動力が落ちてブレーキが上手く利かなくなったり、カーブを曲がれなかったりします。

kabu

 

もっと危険なことが起こりえます。タイヤのバーストです。
バーストは「タイヤが走行中に破裂すること」を意味します。経年劣化したタイヤを使用し続けることは、自分の命を危険にさらしならが走るようなもの。
タイヤを長持ちさせるには??
まずは適正空気圧が入っているか??空気圧は大事ですよ~。
我々タイヤフィッターではそのお車の基準値のプラス一割を推奨しております。
ドア表示・給油口に記載してある数値はあくまで最低レベルの空気圧と思っていただいてもいいと思います。
近年はワンボックスタイプのお車が多いので、重いお車の空気圧は非常にシビアです。月に1回は空気圧の点検を~!!
そしてもう一つ。そりゃ~足元がキレイになればクルマはキレイに見えるもんです。
ですが、タイヤワックスで  ぎらっ ぎら・・・にしていませんか???
特に油性タイプを使っていると、ホントすぐタイヤにヒビが入ってきます・・・・・・・
できるだけ水性のものをお使いになられたほうが、長持ちするかな・・・・??
できれば・・・・  できればですけど、なにもつけないほうが一番いいですね。
タイヤも高価ですから、そう簡単に交換できません。日頃のケアをしてあげることによって
安全な走行ができるもんです。
タイヤを愛する武蔵村山店 店長からのお届けでした~ (笑)

この記事のコメント

人気記事