こんなところも気にしてね

こんなところも気にしてね

もう9月ですよ!!1年経つのが本当に早い!!
今年もあと107日で終わりか~。
ここからのタイヤフィッターは今まで以上に飛躍していきますよ~!!

さて、ではでは本日のブログと行きます。

早速ですが、みなさんはパンクした時どうしてますか?

様々な方がいらっしゃるかと思います。
ランフラットタイヤであればそのまましばらくは走行可能なのでお近くのスタンドなどに行かれるかと思います。
他にはパンク修理キットを使用して一時的にエア漏れを止めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも一般的にはお車に積んである場合はスペアタイヤに履き替えてからパンク修理に向かうという方が多いかと思います。

このスペアタイヤですがみなさんしっかりと点検していますか?
普段あまり目にすることのないものなのでなかなか点検もしていない方も多いのでは?

まず空気圧です。
普段使用されているタイヤと同じように空気圧の管理も重要になってきます。
いざというときにスペアタイヤを装着しようとしたらなんと空気が全然入ってない!!!ということもあったりします。
スペアタイヤは通常のお車の基準空気圧とは異なりかなり高めに設定されています。

DSC_0114

上の写真をご覧いただくと分かるように「420kPa」というようにタイヤ自体に書かれています。
この指定の空気圧が入っていない状態だとあまりスペアタイヤとして意味がないですよね、、、

次にこちらも普段と同じですがタイヤの劣化や摩耗状況です。
これは当然ながらスペアタイヤにも寿命あります。
スペアタイヤのまま走行し続けていたり常に紫外線に当たっていたりするともちろん状態は悪くなっていきますね。

スペアタイヤはあくまでも「応急用」ですので、お早めに交換をしてくださいね!!

ではでは今日はこの辺で!!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。