チェック!!

チェック!!

いやー、すっかり!になってきましたね~。
今年も残すところ3ヶ月無いんですから、早いもんだなと。。。

さてさて、昨日のブログにて、保管のお客様のコンディションチェックをしていましたが、今日はそこからひとつポイントとなる項目のお話を!

皆様は、【プラットホーム】ってご存知ですかね?
過去のブリヂストンの調査報告によると一般ユーザー(雪国以外の方)の認知度が低い結果が報告されています。(なんと8割の方が知らない!!)

この【プラットホーム】は、スタッドレスタイヤとしての使用限界のサインなんです。
新品のタイヤの溝から50%のところにあります。
各メーカーのスタッドレスタイヤには

purattoho-mu


この様な段差があり、【プラットホーム】が露出していると、スタッドレスタイヤとしての性能が発揮されないため、スリップしやすくなってしまうのです!

まぁ、夏タイヤで言うところのスリップサインですね。

まだ溝は半分残っているからって、
スタッドレスタイヤを履かせている方が多いんじゃないでしょうか。
保管されているスタッドレスタイヤをチェックしていただき、プラットフォームが露出しているようであれば即、タイヤフィッターにご相談ください(笑)。
以前から申し上げてるように、早めの対策がおススメです!!

履き替える前のチェックって大切なんですよー!

簡単ですが、今日はこの辺で。。。