タイヤの行く末・・・

タイヤの行く末・・・

どうもみなさん、ここ最近はスタッドレスタイヤを準備する方が徐々に増えてきて、
予約数も増加中のタイヤフィッターです♪

いつもごひいきありがとうございます♪

では早速・・・
皆さんは使用済みとなったタイヤ、交換後の処分に回っているタイヤ達の行方、
ご存じですか?

海外ではまだまだ技術がない地域など、廃タイヤの処理方法が問題になっている国もあります。

 

とある国の衛星写真です。
話の流れでわかるかもしれませんが、黒いのなんだと思いますか?

9cbe77cc-s

 

お察しの通り、これ廃品タイヤなんです。

70c13e16-s

f2901756-s

 

 

be98cca8-s

この処理場ではクエートやその他の国々からリサイクルされなかったタイヤが持ち込まれ続け、人工衛星からでも確認できるほどの面積にまで広がっています。

環境面、衛生面でも問題ですし、数年前には大規模な火事があったようです(汗)
792f95f2

海外のこういった事情をみると日本は、リサイクル事業など
力をいれて行っているんだなぁと。

ちなみに日本国内ですと、いろいろな形になり、リサイクルされています。
まだ使用できるタイヤは、海外などでは中古タイヤとして使用され、
使用できないタイヤに関しては、粉砕され様々な燃料や原材料に形を変えていきます。

無題

 

円グラフが2014年度のリサイクル状況です。
国内では、ここ10年近く使用済みタイヤのリサイクル率が88%前後と9割近いタイヤが
形を変えて、我々の生活に役だってるんです!!

タイヤ公園3(以前紹介したタイヤ公園なども)

ごく一部ですが、使用済みタイヤの行方でした♪
また、違った形の物があったら紹介します。

この記事のコメント

人気記事