落とし穴にご注意くださいね!! | タイヤ交換専門ショップ-タイヤフィッティング



落とし穴にご注意くださいね!!

落とし穴にご注意くださいね!!

みなさん、こんにちは。
今日は少し冷え込みが増してきましたね。やっと防寒具を着てもいいかな???
って感じの空気感。
いままでは寒いは寒いけど、着こむほどでも・・・ ってな感じ。
今日の気温で寒いとか言ってたら、北海道方面の方に怒られてしまいそうですが。
一晩で20cm積もっているということで、こちらでは考えられない・・・・
一方で南の沖縄では日中の気温が28℃というんだから、温度差と言ったらかなりのものですよね。

プレゼント

 

半袖でクリスマスツリーを見る感覚も体感してみたい(笑)
さてさて。
ここ最近のタイヤフィッターではスタッドレスの交換がようやく増えてきております。
お持込歓迎のお店なので、新品に限らず中古品をお持ちになられる方も非常に多いです。
今回は「中古タイヤ」についてお話しをさせていただきたいと思います。
以前ご自身で装着されていた、または信頼できる友人に譲ってもらったなどはあまり問題ならないのですが、

yahuoku

 

現在ではいろんなところから中古タイヤを購入することができますね。
ネットで購入するにも画像での判断になるので、正直怖い部分もありますし、実際トラブルにもなるケースがあります。
有名ブランドのタイヤなら中古品でも安心と考える気持ちも分からなくはないですが、それは間違いです。
※この話は決して中古タイヤが悪いといってるのではなく、注意喚起として聞いていただきたいと思います。


いざ届いてみたら、タイヤのトレッドに酷いクラック・ビード部分に傷やカケ・パンクした状態で走ったことによる内部構造破壊などなど。
交換を予定していたのに、急遽出来なくなってしまった・・・・   こんなことも結構あります。
タイヤフィッターでは中古タイヤの作業させていただく前には必ずタイヤのチェックをさせていただいて、問題ないことを確認してから作業行います。
少しでもリスクがある場合は行いません。

ビードかけ
代表的なのが、ビード切れ。正直この状態はタイヤホイールのマッチングによってはエアー漏れを起こします。タイヤとホイールが密着してエアーを保持する部分。見落としがちでしが、
一番重要な部分。

 

ビードかけ 2

 

サイドウォール しわ
そして一番怖いのがコレ↑。サイドウォールに1本スジが入っているのがわかりますか??
これはパンクもしくは低内圧で走ってしまった痕跡です。このスジが入っていると・・・・・・

中はこんな感じ↓

 

粉

一見わからないかもしれませんが、この状態は非常に危険です。通常の状態と比べてかなり弱っています。エアーを張るのも怖いです。


まだまだご紹介しきれない程のケースを経験しているからお伝えできる。

購入の際はこういったことも気を付けましょうね。タイヤの交換はタイヤフィッターにお任せください。

ではでは。今日はこの辺で。





この記事のコメント

人気記事