小さなこだわり | タイヤ交換専門ショップ-タイヤフィッティング



小さなこだわり

小さなこだわり

最近は本当に北風が強くなってきましたね~。
武蔵村山店ではジャッキの上のウエスを置いているだけだと飛んで行ってしまいます。
強風の度に悩まされる種ですね~。笑

さて、そんなジャッキの上に置いているウエス、なぜ置いているのかご存知ですか?
当店での作業をご覧頂いた方ならご存知かもしれませんが、タイヤフィッターでは細かい部分のこだわりがたくさんあります。

そのうちの一つであるウエス。
当店はガレージジャッキでお客様のお車をジャッキアップをしています。
ジャッキアップポイントを一点一点状態などを確認しながら上げていく訳ですが、
それだけだとポイントが損傷してしまう可能性があります。
例えばジャッキアップをしたことでポイントが曲がってしまうなど。

そんな事態に陥らない為に、ウエスを使用します。

ウエス

一例ですが、写真のように丸めたウエスでジャッキアップポイントを保護しながらあげることでリスクを避けています。

次にこちら

トルクレンチ

当店ではインパクトレンチを一切使用せず全て手作業で行っています。
インパクトレンチを使用するとナットが少しずれた状態でも力によってそのままねじ込んでしまう可能性があります。
また、過剰トルクによりボルトが伸びてしまう可能性もあります。

こういった現象は最悪の場合、脱輪にも繋がる危険性があるので
当店ではそのリスクも避けるためすべてを手作業で行います。


作業の一つであるパンク修理もこだわっています。
みなさんはパンク修理と言われて思い浮かぶ方法はありますか?
ガソリンスタンドなどの場合、タイヤの外側からパンク部分に差し込み
修理を行っている所が多いかと思います。

しかし、パンク修理を甘く見ていると大惨事になります。
まず、外面から修理を行うということは内面の状況を見ないということ。
外見は問題が無くてもタイヤの内部はこんな状態になっていることがあります。


粉

このタイヤはもう使用できません。

それに気付かずに外側から修理を行うと内部が壊れているタイヤの為、車重や内圧に耐え切れずバーストなんてことも考えられます。
修理をする際にしっかりとタイヤの状態を確認し安全にお車に乗っていただく為に当店は内面からの修理のみ行っています。


ご紹介したことは小さなこだわりですがお車やタイヤにとってはとても大きな意味があるんです。
他にもたくさんのこだわりがありますがこのままだとかなり長くなってしまいそうなので本日はこの辺で失礼します。



この記事のコメント

人気記事