隙間が原因?

隙間が原因?

みなさんはスタッドレスタイヤに交換はしましたか?
今回の雪で新たに購入された方も多いのではないでしょうか。
タイヤ単体で購入された方や、ホイール付きで購入された方など、、、
このホイール付きで購入された方は幾つか注意点があるんです。
今までにも何度も紹介してきたナットももちろんのことですが、
今回は違う点をご紹介します。
まず、社外ホイールを装着されている方の中に運転中ハンドルブレが起きた経験がある方はいらっしゃいますか?
実はこれからご説明するお話が原因の場合があります。

ハブリング

 

これをご存知ですか?
こちら「ハブリング」という部品です。

 

ハブ 説明画像

 

純正のホイールを車両へ装着した際は車体のハブ径とホイールのハブ径が
ピッタリハマるので隙間は出来ませんが、社外のホイールの場合、様々な車種に対応する様
ホイールのハブ径が大きく作られている為、車体のハブ径との間に隙間が生まれてしまいます。
ここに隙間があることで走行中の遠心力によってホイールがブレが生じ、ハンドルにも伝わってきてしまうんです。
これは走行速度が上がるほど遠心力も大きくなっていくので高速走行などで多く発生しやすいですね。
また、隙間があるということは支えている部分がなくなっているということ。
通常ではボルトとナットで装着し、ハブが支えてくれている形になりますが、
社外ホイールでは隙間があるのでこの支えがなくなり純正装着時に比べボルトに負荷がかかってしまいます。
先にご紹介したハブリングという部品をこの隙間にはめ込むことで
このような現象や事態を解消することができます。
今装着されているホイールが社外ホイールの方、ハンドルブレは起きていませんか?
より一層の安全ドライブの為に、こちらの部品も装着してあげるといいですよ!

この記事のコメント

人気記事