イタズラするんです。

イタズラするんです。

先日からブログでゴムバルブの劣化や鉄製バルブの腐食などについてお話しをさせて頂きましたね。
このバルブに関して、もう一つ落とし穴があるのでこちらをご紹介。

バルブコア

 

ご覧頂いた通りバルブは『コア』と言われる部品で通気弁を塞いでいます。
このコアをしっかりしっかりしめてバルブキャップで覆っている状態が普段みなさんが見ている状態ですが、
このバルブキャップが稀に悪さをしてしまうことがあるんです。

バルブコア 押し込み

 

こちらの写真を
ご覧いただくとコア部分がペン先で奥に押し込まれているのが分かります。
この状態の時はタイヤ内のエアーがどんどん抜けていきます。
もちろん放置してしまうと車中の重みでタイヤはペシャンコになってしまいますね。
そしてここでお見せする写真

バルブキャップ

 

こちらはバルブのキャップなのですが、中のパッキン部分がズレているのが分かりますか?
このズレているパッキンがバルブコアを押し込んでしまいエアー漏れを起こしてしまうことがあるんです。
キャップを外してしまえばエアー漏れは止まるのでなかなか気付きにくい部分ですよね。
パンクでもないければリム部分から漏れているわけでもない、、
他の部分も確認してけど見つからない!
そんな時、もしかするとこの状態になっている可能性もありますよ!
それでは今日はこの辺で。

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。