キャッツアイにご注意!!

キャッツアイにご注意!!

みなさん、今日は暑すぎず寒くもなく過ごしやすい一日でしたね。
花粉症の私ですが今日は意外と平気でした♪
こんな陽気が続いてくれればいいんですが、木曜日あたりからまた気温が下がるようですのでみなさん体調管理気をつけていきましょう!!

さて本日の題材は、「キャッツアイ」
言葉だけ聞いたとき、何を想像しますか?
木更津?
美人3姉妹?

宝石?
などなど、特に3姉妹には気をつけたいところですが(笑)
今回は、道路上に居座るこいつです!!

E5A489E68F9B20EFBD9E20E794BBE5838F20004-b4d59

 

運転されている方なら間違いなくご存じだと思います。
そして、堂々と道路上に居座るこいつに痛い目にあわされたなんて言う方もいるのでは・・・
走行中、前の車両がキャッツアイを踏んで、右折レーンに入って行ったりするのを見かけることがあると思います。
これって、扁平タイヤにとっては結構危険なんです(汗)
もちろん扁平タイヤだけというわけではありませんが・・・
近年の車は純正のタイヤサイズでも19,20インチが増えてきています。
その流れに伴って、タイヤの扁平率も40から35,そして30へと・・・
もちろん、インチアップすれば扁平率も下がりますのでなおの事!!
そんな薄いタイヤでキャッツアイや道路の段差に勢いよく乗り上げると・・・
catseye-thumb
ピンチカット!!
20140425_731753リム曲がり!!
こんな感じにタイヤの内部構造がダメになってしまったり、ホイールが変形してしまう可能性があります。
空気圧が低いとなおさらです。
こうなってしまってはタイヤ、ホイールを交換しなくてはいけません。
サイズが大きくなると価格も上がっていきますし、手痛い出費です(汗)
インチアップされている方々は、乗り方や空気圧に気を使っていると思いますが、交換したはいいけれど販売店からは特に説明がないので知らない、純正サイズだから気にしてなかったなんていう方もいらっしゃると思います。

扁平が薄くなることによって、日頃のメンテナンス以上に気にしなくてはいけない部分も出てくるという事ですね。
まずはご自身の車両に装着されているタイヤサイズをしっかり把握し、日々のメンテナンス、安全運転を心がけましょう♪
—————————————————————————-

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。

車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

求人情報

—————————————————————————

この記事のコメント

人気記事