「ピンチカット」とはなんぞや?!

「ピンチカット」とはなんぞや?!

どうもみなさん、こんばんは!

本日は横浜都筑店より♪

昨日とは打って変わってこの冷え込み、しまったコートをまた出したなんていう方もいらっしゃるのでは(汗)

我々も作業中は暑かったり、止まると寒かったりで体温調整が大変です。

武蔵村山店は、もっと寒いようですが・・・

さて本日は、先日「キャッツアイ」のお話しをした際に

「ピンチカット」という症状をご紹介いたしましたが・・・

「ピンチカット」とは何ぞやと!?


たまにご来店いただいて

「このふくらみ、何ですかね?」なんて事もありますので、ちょっとご案内を・・・

ピンチカットとは、タイヤ内部のカーカスコードが切れて、サイドウォールの一部が、空気圧により盛り上がってくることである。走行上は、あまり変化も無く、タイヤの空気も抜けないので気付かないことが多いが、この状態のまま走行を続けるとバーストする可能性があり、大変危険である。修理は不可能で、タイヤ交換が必要である。

タイヤが縁石などの段差に乗り上げ、サイドウォールに強い衝撃を受けると、外見に傷がなくてもタイヤ内部のカーカスコードが損傷することがある。徐行で乗り上げて起こることは少ないが、ハイスピードで乗り上げると起こりやすくなる。過積載やタイヤの空気圧が低いなど、タイヤが変形しやすい状態でも起こりやすい。また、カーカスコードが損傷してから徐々に進行し、いつのまにかピンチカットが起きている場合もある。

(説明文は引用です。)

pinnti

こんな感じで見た目あまり変化なかったり、下の画像の様にあからさまに症状がでたりと様々です(汗)

pinti

 


もしキャッツアイや縁石などに乗り上げて、「あっ!!」と思ったら、まずはタイヤの側面を点検してください!!

「ピンチカット」の症状が出ていたら、すぐにタイヤは交換してくださいね(汗)

本日はこれにて。

—————————————————————————-

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。
車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
求人情報

—————————————————————————

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。