日本と欧州どちら!?

日本と欧州どちら!?

本当に梅雨か?と思うくらい雨が降らないですね。
このままどんどん暑くなっていくのでしょうか、、、
さて、では本日のブログと行きましょう。
以前、新品のアジアンタイヤを購入するか、中古の国産タイヤを購入するかというブログを紹介させて頂きましたが、
今回はそれに似たお話しですが、『日本のメーカー』 or 『欧州のメーカー』 あなたならどちらを選びますか!?
例として、日本のメーカーには「ブリヂストン」、「ヨコハマタイヤ」、「ダンロップ」などのメーカーが挙げられますね。

kokusantaiya

 

対して、欧州メーカーには「ミシュラン」、「ピレリ」、「コンチネンタル」などが代表的と言えるでしょうか。

file (1)

 

好きなメーカーがある方は迷わずこのメーカー!と決まりますが、
特にメーカーにこだわりの無い方はどれを購入すればいいのかわからない!と言う方も多くいらっしゃるかと思います。
ですのでここで、国産タイヤと欧州タイヤの違いについてお話しを。
始めに国産タイヤは、日本の気候での使用を前提に作られている為、耐候性能が非常に優れています。
それは猛暑や湿気、冬には雪といった気候の変化に強いってことですね。
特にブリヂストンは独自の特許技術を使って時間経過によるタイヤの性能低下を防ぐ工夫を行っています。
気候の変化に強い国産タイヤに比べ、欧州タイヤは様々な走行シーンを想定したタイヤとなっています。
これだけだとなんだかわかりませんね。
欧州では車一台で国境を超えることも多く、ハイスピードの高速道路や状態の悪い路面での走行など様々な状況と遭遇することが多いです。
200㎞/h~でもしっかり吸い付くような性能に加え、下道でも同じように使えるオールマイティな性能が欧州では求められるわけですね。
高速かつ長距離を走る欧州タイヤ、その中でもミシュランタイヤはやはりライフが長いと言われていますね。
しかし、ライフが長いといわれていても、劣化によって寿命が来てしまうことが案外多いです。
溝がまだあるから!と言って油断していたらダメですよ!!
タイヤはゴムです、そりゃあ劣化もしますよ。いつもブログでもお話していますが日々の点検が重要なのでそこは注意しましょうね!
また、お車の特性や普段の走り方などの使用状況によってタイヤ選びは変わってくるので悩んでいる方は是非タイヤフィッターにご相談くださいね!
では、今日はこの辺で!


この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。