交換後も点検、確認をしっかりと。

交換後も点検、確認をしっかりと。

昨日に引き続き、本日も晴天です!!
関東地方今週は、予報では30度超える日が続きそうな感じです。
日が出ていなくても、熱中症、脱水症状になる危険性は十分ありますのでみなさん、気をつけましょう!!
我々も作業中の水分補給は欠かせません(汗)
さて本日は、こんな暑い日のタイヤの日常点検に関しまして・・・
我々タイヤフィッターでは、作業終了時にこんなご案内をお渡ししております。
ご依頼いただいたことがある方はご存知ですかね♪
IMG_3445[1]

 

~タイヤフィッターからのお知らせ~
行った作業内容の確認と空気圧の設定、終了後のアフターのご説明をさせていただいております。
この際に、「しばらく走られたら空気圧の点検をしてくださいね♪」と、ご案内しています。
組み込まれたばかりのタイヤは、ゴムのなじみや伸びなどで設定した空気圧が下がったり、ばらける事があるからです。
ガソリンスタンドさんなどに立ち寄った際、調整していただければ全く問題ないんですがここでちょっとした注意点を・・・
走行直後や今日の様に炎天下のなか駐車してあるお車だとタイヤが熱を持ち、タイヤ内部の空気(水分)が膨張し正確な空気圧が測定できません。

例えば・・・
車両の基準値が2.3㎪で新品を組み込むのでなじみで下がりすぎないように空気圧を2.5㎪に設定したとします。
長距離走行後、スタンドさんなどに立ち寄り確認してみると2.8㎪に・・・
基準値から見るとだいぶ高めですがこの状態で空気圧を車両の基準値まで下げると、冷えたときに基準値以下になる恐れがございます。
そうならないように走行直後の点検時は4輪測定していただき、大きく差がないかの確認をしてください、ばらけているようでしたら下げすぎないよう微調整だけしてあげてください♪

※0.1~0.2程度は、日に当たっている側と当たっていない側で差が出る場合もございます(汗)

交換後の空気圧管理も日常点検の一つです。
交換したからもう大丈夫ではなく、しっかりと点検して新たなタイヤで気持ちのいいドライブを楽しみましょう♪

それでは~~。
—————————————————————————-

タイヤフィッターでは一緒に働く仲間を募集しています。

車が好きな方や体を動かすことが好きな方はもちろん、未経験の方も大歓迎で す!

未経験からスタートした先輩たちも多くいる職場なので初めてでもとても働きや すい職場です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

求人情報

—————————————————————————

この記事のコメント

人気記事