雨の日は気をつけて!

雨の日は気をつけて!

こんにちは!!

台風が千葉に上陸と一日荒れた天気ですね。

運転されている方は、視界も悪いのでくれぐれも気をつけてください。

Jpeg

 横浜店も一時は視界が悪くなるほど雨が降ってました。天候の急変に注意ですね!

このような天気なので、晴天、雨天時の交通事故発生率と原因について考察したいと思います。

まずは事故の発生率なのですが、晴天に比べて雨天時は5倍になり施設接触事故(ガードレールなど)件数はそれよりも多く、時間当たり10倍にもなるそうです。

 

原因は何?雨でしょ?正解ではあるのですが、もっと掘り下げてみていくと、追突だったり接触事故など視界不良などを除いてタイヤにあります。

タイヤは消耗品です。溝が摩耗によって浅くなってくると路面とタイヤの間の水の膜をうまく排水できなくなりスリップ→事故と繋がってしまいます。

 tire-exchange3溝が残っているから大丈夫だ!と思っている方も注意が必要で、ゴムの状態も重要。古くなったタイヤなどはゴムが劣化、しなやかさを失い固くなってくるので路面に対する密着度が下がります。溝があっても3年長くても5年での交換をお勧めします。

 

日頃の点検も必要ですが、「スリップサインが出ていないから大丈夫」は誤った認識なので、明らかにタイヤが減っていれば、タイヤ交換のタイミングはわかるものですが、判断できない場合は、是非タイヤフィッターへご相談ください。

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。