中古タイヤのトラブルが絶えません・・・・

中古タイヤのトラブルが絶えません・・・・

みなさん、こんにちは。

台風の動きが奇妙ですね・・・・ あんな動きは初めてです。

みなさんお気を付けてください。



さてさて、タイヤフィッターでは、ここ最近多い中古タイヤのトラブルについてお話しをします。
某オークションサイト等で程度の良い「国産タイヤ」をお買いになられて、お持込になられるケースが多いのですが、
いざ組み付けてみると、エアーを充填しないと現れない症状が・・・・・
タイヤ内部のコードが切れていることによる「セパレーション」が多くみられます。
見たことがある方は想像できると思いますが、タイヤの側面がタンコブのようにボコッと膨れてしまう症状です。


IMG_3598

 

 



 

 

 

 IMG_3600

 

 

 

側面だけではなく、地面に接地するトレッドにも最近は見られます。
この症状になる原因はいろいろ考えられますが、エアーを抜いてある状態では、なかなか症状を特定することが難しいです。
当然組み込み作業を行ってから判明することですので、工賃は発生してしまいます。(事前にタイヤの傷や状態はチェックしてから作業をします)
工賃が発生して、なおかつクルマに取付ができないとなると、非常にツライですよね。
中古タイヤを否定することはしませんが、どなたが使われていたものかがわからないタイヤ・・・ですので、(オークションで買った場合)
よく考えたら怖いと思いませんか??
業者さんによっては、しっかり検品、漏れのチェックなどをしてから販売されている所も多くあるので、全部が全部というわけではございません。


何度もご説明させていただいておりますが、国産タイヤの中古品を買うなら、アジア系タイヤの新品を購入したほうが間違いないです。
まだまだアジア系タイヤの評判??悪い噂??があるようですが、正直なんかあるようなタイヤは製品化できません。
我々タイヤフィッターでは毎日のようにお持込になられるお客様がいらっしゃるので、見ない日はないです。
当社のホームページで展開させていただいているのは、国産タイヤがメインですが、中古タイヤを購入してトラブルが起きた場合、
また新しくタイヤを購入しなければいけないので、国産の新品タイヤが買えてしまう????? なんてこともある。
いろいろと賛否があると思いますので、これ以上掘る下げることはしませんが、こういったことが起きていることは事実です。

購入前に少しご検討していただくことをオススメ致します。

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。