目には見えない窒素の力!

目には見えない窒素の力!

皆様こんにちは!!

今日もいい天気!その代わり花粉がすごい飛んでてワタクシ瀕死状態です(笑)

 

さていきなりですが皆さんはタイヤを交換する際に「窒素ガス」を勧められた経験はありませんか?

そもそも、普通の空気と窒素を入れた時のタイヤの状態の違いとは、いったいどのような違いがあるのか・・・。そんな疑問をブログでまとめてみました。

窒素ガスは、空気よりも抜けにくい?

タイヤはゴムでできていますが、実はゴムを通り抜けて空気は少しずつ抜けてしまっています。

皆さんは何かのイベントなどで風船をもらった事はありませんか?

小さい頃は、風船を配っている人がいると率先してもらいに行ったものです(笑)

でも数日後には「空気が抜けて風船が(´・ω・`)・・・。」という悲劇に直面してしまいます。

そう、風船のゴムをヘリウムガスが抜けていってしまうからです。タイヤの空気が減るのも言ってしまえば同じですね。

ですが、窒素ガスは普通の空気に比べて分子の大きさが大きいので、その分抜けづらいのです。

 しかし、窒素ガスも全く漏れないわけではないので、定期的な点検は必須です!

 

窒素ガスをいれると空気圧が安定する。

タイヤは走行していると地面との摩擦によって熱が発生します。 そうすると必然的にタイヤ内の空気も熱くなってしまいます。

その条件の中で、窒素ガスが一番効果を発揮すると言って良い違いがあります。それは空気中に含まれる水分膨張による空気圧の変化だと言えるでしょう。

普通の空気の中には、季節の湿度によって違いはありますが多くの水分が含まれていてそれに対して窒素ガスは水分があまり含まれていないので、走行時の温度変化による水分の膨張率が少なく走行時の空気圧が安定する!と言っていいでしょう。

では、実際普通の空気だとどれくらい違うのか、

通勤時に検証してみました。

IMG_1726

↑朝の走行前、空気圧は230kpa

 

IMG_1727

↑会社到着時の表示、250kpa

 

約20キロの走行で20kpa空気圧が上がりました。

普段からこれくらいの変化はあるようですね。

これは、通勤時の話ですが、

これが例えばお出かけの時、遠出された際はもう少し変化がありそうですね。

まとめ

やはり窒素ガスは普通の空気に比べると、入れた方がいくつかのメリットがあります。

しかし、窒素ガスが入っているから・・・と、空気圧の点検をあまりしないで空気圧不足で走行してしまうと、逆に窒素ガスを過信したデメリットにもなりかねません。

やはり定期点検が大事!!空気圧の点検頻度は減らしても、全く点検しないのはアウトですからね!!

 

といつもの感じになってしまいました(笑)

でも、窒素充填。。。試すのもありですね!!!

 

 

タイヤ交換持ち込みなら「タイヤフィッター」

窒素ガス充てんのご相談や、タイヤの履き替え・交換をお考えなら、当タイヤフィッティングサービスへご相談ください。

東京都23区・多摩地区・神奈川県横浜・川崎・相模原

中央区・港区・品川区・目黒区・大田区・渋谷区・町田市
横浜市鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区・港北区・戸塚区・港南区・旭区・緑区・瀬谷区・栄区・泉区・青葉区・都筑区
川崎市川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市
相模原市緑区・中央区・南区
厚木市・海老名市・綾瀬市・大和市・座間市・鎌倉市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター横浜都筑店

東京都多摩地区・埼玉県南部

八王子市・立川市・昭島市・東村山市・福生市・東大和市・清瀬市・武蔵村山市・羽村市・瑞穂町
埼玉県ふじみ野市・富士見市・志木市・新座市・三芳町・狭山市・入間市・所沢市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター武蔵村山店

東京都23区・多摩地区・神奈川県北央・埼玉県の一部

千代田区・新宿区・文京区・世田谷区・中野区・杉並区・豊島区・北0区・板橋区・練馬区
武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・小平市・日野市・国分寺市・国立市・狛江市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市
神奈川県相模原市緑区・中央区・南区
埼玉県朝霞市・和光市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター府中店

これら地域からのご依頼に対応しております。

どんなサイズでも、どこで購入された商品でも、組み換え作業をいたします。

お客様との信頼関係を第一に考え、アフターフォローも実施しております。

ぜひお気軽にご相談ください!

この記事のコメント

人気記事