ホイール交換の注意点!! | タイヤ交換専門ショップ-タイヤフィッティング



ホイール交換の注意点!!

ホイール交換の注意点!!

皆さんはホイールを交換されたことってありますか?

最近では社外のホイールに交換をされるお客様もたくさんいらっしゃいますね。
デザインもかっこよくホイール一つでお車の印象もガラッと変わりますもんね!
そのほかにもスタッドレスタイヤ用にとご自身でインターネットで購入されたりする方もいます。

詳しい方はご自身で調べて、もしくは店員さんと相談してお車に合ったホイールをご購入されていると思います。

しかし、しっかりと調べておかないといざ装着してみようとしたらできなかった!となってしまう場合があります。

ホイールオフセット

そこで、本日はホイール購入の際に気を付けなければいけない点の一つである『オフセット』に関してのご紹介となります。

そもそもなぜいきなりオフセットに関してなのか?

先日、お客様よりお持ちいただいたタイヤを社外ホイールへ組込み作業をさせて頂いた際、ついでに車にも装着して!との事だったのでお車からタイヤを外し取り付けようとした時、、、

 

んんっ!?

タイヤの内側に手を当ててみると少しだがサスペンションと干渉している!!

 

もともと装着されていたホイールとこれから装着しようとしていたホイールの『オフセット』が違ったのです。

 

ではそのオフセットとは何のこと?

それはホイールの中心と取り付け面(ディスク部)との距離がどちら側にどれだけの距離があるかを表した数値のこと。
ちなみに、ホイールの中心よりも取り付け面が外側にあるものをインセット(プラスオフセット)、内側にあるものをアウトセット(マイナスオフセット)と言います。

では今回のように内側のサスペンションに干渉してしまった原因とは?
太さは同じホイールですが、元々装着されていたホイールのオフセットよりもこれから装着するホイールのオフセットが増えていたのです。

ofu

 

上の写真を見ながらだと分かりやすいかと思います。

 

例えば、元々のホイールのオフセットが「+30㎜」 これから装着するホイールのオフセットが「+40㎜」
この場合ホイールの中心よりも取り付け面が外になる為、タイヤ(ホイール)は車体の内側へ「10㎜」引っ込む形になります。

 

じゃあオフセットが元々の数値よりも低ければオッケー!?

いえ、もちろんこれも注意が必要ですね。
では元々が「+30㎜」に対して新たなホイールが「+20㎜」になった場合、今度は逆に車体の外側方向へタイヤ(ホイール)が出ます。
車体よりも外側へ移動することでフェンダーよりも外に出てしまったり、干渉してしまうことがあります。

しっかりとお車に合ったものを購入しなければ装着すらできずに勿体ないですよね。
停車状態で干渉などがみられない場合でも、走行状態によって干渉してしまうケースもありますので、ホイールを購入される際には今回のオフセットも一緒に確認しましょうね!

タイヤ交換持ち込みなら「タイヤフィッター」

東京都23区・多摩地区・神奈川県横浜・川崎・相模原

中央区・港区・品川区・目黒区・大田区・渋谷区・町田市
横浜市鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区・港北区・戸塚区・港南区・旭区・緑区・瀬谷区・栄区・泉区・青葉区・都筑区
川崎市川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市
相模原市緑区・中央区・南区
厚木市・海老名市・綾瀬市・大和市・座間市・鎌倉市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター横浜都筑店

東京都多摩地区・埼玉県南部

八王子市・立川市・昭島市・東村山市・福生市・東大和市・清瀬市・武蔵村山市・羽村市・瑞穂町
埼玉県ふじみ野市・富士見市・志木市・新座市・三芳町・狭山市・入間市・所沢市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター武蔵村山店

東京都23区・多摩地区・神奈川県北央・埼玉県の一部

千代田区・新宿区・文京区・世田谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区
武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・小平市・日野市・国分寺市・国立市・狛江市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市
神奈川県相模原市緑区・中央区・南区
埼玉県朝霞市・和光市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター府中店

これら地域からのご依頼に対応しております。

どんなサイズでも、どこで購入された商品でも、組み換え作業をいたします。

お客様との信頼関係を第一に考え、アフターフォローも実施しております。

ぜひお気軽にご相談ください!

この記事のコメント

人気記事