スタッドレスタイヤへの交換時期

スタッドレスタイヤへの交換時期

涼しくなってくるとスタッドレスタイヤ(冬タイヤ)への交換時期が気になりはじめますね。
今回は、スタッドレスタイヤへ変えるベストな時期はいつなのか、をまとめます。

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤとは、冬の降雪や凍結した道路を走る際、滑らないように設計された独特の溝があるタイヤのことです。

スタッドレスタイヤが登場するまでは、鋲(スタッド)のついたスパイクタイヤが主流でした。
しかし鋲(スタッド)が道路のアスファルトを削って出る塵(ちり)が社会問題となったため、タイヤメーカー各社が工夫を凝らし、スタッドレスタイヤが開発されることとなりました。

スタッドレスタイヤへの交換が必要な理由

いわゆるサマータイヤと呼ばれる通常のタイヤは、水を外に弾き飛ばす設計になっています。

一方スタッドレスタイヤは、サイプと呼ばれる細かい溝で水を吸収させる設計なので、凍結路でもしっかりタイヤと路面が密着する仕組みになっています。

また、サマータイヤは気温が低くなるとゴムの硬化が進み、摂氏7を境として路面の乾燥やウエットにかかわらず、ブレーキ性能が落ちると言われています。
安全性を考慮すると、摂氏7以下となる場合には、降雪、積雪、路面の凍結などが無くてもスタッドレスタイヤへの交換が推奨されます。

逆に夏場の降雨量が多い季節にスタッドレスタイヤを使用すると、路面に溜まった水をタイヤが吸収しきれない為、ハンドルやブレーキが効かなくなる「ハイドロプレーニング現象」に陥りやすくなります。
ゆえに夏場にスタッドレスタイヤを履いたまま走行を続けるのは、大変危険な行為です。

 以上のことを踏まえると、季節ごとのタイヤ交換は必須だといえるでしょう。

都内近郊であれば交換は11月初旬が目安

スタッドレスタイヤの交換時期

都内近郊であれば11月初旬ごろにスタッドレスタイヤ交換をおこなうとよいでしょう。
理由としては、

・気温が下がるため

・オンシーズンになってしまうとタイヤが品薄になりやすく、場合によっては取り寄せが必要となるため

・交換の需要が増えた結果、待ち時間が長くなるため

・突然の大雪に備えて念のため

などがあげられます。

新品の場合は性能を安定させる「慣らし運転」も必要

新品のスタッドレスタイヤには、乾いた道路を走らせてウォーミングアップをおこなう「慣らし運転」が必要です。
この「慣らし運転」をおこなうことで、すべりやすい冬の道でも安定して走行できるスタッドレスタイヤの性能が十分に発揮できるようになります。

新品タイヤの慣らし運転については、
新品タイヤに「慣らし運転」が必要な理由とは?
をご覧ください。

タイヤ交換持ち込みなら「タイヤフィッター」

スタッドレスタイヤへの履き替え・交換は、当タイヤフィッティングサービスへご相談ください。

東京都23区・多摩地区・神奈川県横浜・川崎・相模原

中央区・港区・品川区・目黒区・大田区・渋谷区・町田市
横浜市鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区・港北区・戸塚区・港南区・旭区・緑区・瀬谷区・栄区・泉区・青葉区・都筑区
川崎市川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市
相模原市緑区・中央区・南区
厚木市・海老名市・綾瀬市・大和市・座間市・鎌倉市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター横浜都筑店

東京都多摩地区・埼玉県南部

八王子市・立川市・昭島市・東村山市・福生市・東大和市・清瀬市・武蔵村山市・羽村市・瑞穂町
埼玉県ふじみ野市・富士見市・志木市・新座市・三芳町・狭山市・入間市・所沢市・朝霞市・和光市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター武蔵村山店

東京都23区・多摩地区・神奈川県北央

千代田区・新宿区・文京区・世田谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区
武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・小平市・日野市・国分寺市・国立市・狛江市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市
神奈川県相模原市緑区・中央区・南区

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター府中店

これら地域からのご依頼に対応しております。

また、タイヤの置き場所を確保するのが難しいお客様に向けた、「タイヤ保管サービス」も実施しておりますので、ぜひご利用ください。

お客様の愛車と快適なカーライフのため、各店舗でタイヤのプロが皆さまをお待ちしております。

ぜひお気軽にご相談ください!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。