ランフラットタイヤとは?

ランフラットタイヤとは?

万が一パンクなどのトラブルによりタイヤの空気圧がゼロになったとしても、一定の速度で一定の距離を走行できる“ランフラットタイヤ”をご存知でしょうか?

今回はパンク事故の救世主とも呼べる“ランフラットタイヤ”についてまとめました。

drive

 

ランフラットタイヤにはこんなメリットが!

ランフラットタイヤとは“タイヤがパンクしても時速80キロまでのスピードで約80キロ走行できる”タイヤのことです。

このタイヤの最大の特徴は「安全性」です。

走行中にタイヤがパンクしてしまったら、空気圧によりパンクを感知する「タイヤ・プレッシャー・モニタリングシステム」(TPMS)により、警告灯でパンクしたことを表示してくれます。

高速道路などで車外に出てタイヤをチェックするのは危険が伴いますが、車内にいながら警告灯で確認ができるので、非常に安全です。

ランフラットタイヤなら、万が一タイヤがパンクをしても、揺れをおさえて一定の速度で近くの修理工場までそのまま移動できるので、慌てず落ち着いて行動できます。

また、スペアのタイヤを積んでおく必要がないので、車内スペースをより有効に使えます。

これにより車の重量も軽くなり、低燃費化も期待できるでしょう。

trunk

 

ランフラットタイヤのデメリットは?

このように、さまざまなメリットがあるランフラットタイヤですが、デメリットもいくつか存在します。

  • ・乗り心地が硬い

ランフラットタイヤは万が一パンクしてもつぶれないようにするため、タイヤゴムの弾力性がとぼしく、重量もノーマルタイヤよりあります。
そのため、段差通過時のショックが大きいなど、乗り心地が若干硬めになります。

とはいえ各メーカーの技術により、発売当初よりも乗り心地は徐々に改善されているようです。

  • ・値段が高い

ランフラットタイヤは通常のタイヤと比べ、10~20%以上の価格差があります。

また、交換作業には特殊な技術や工具も必要なので、工賃も高くなる傾向にあります。

(当タイヤフィッティングサービスなら通常工賃+¥2,000でお取り付けしております)

  • ・修理が不可能で交換のみの場合も

パンク後に一定の距離を走った場合、修理はできず、タイヤ交換する必要があります。

どの車にも装着できる?

ランフラットタイヤはTPMSを搭載している車でないと、パンクの感知ができません。

搭載していない車に装着することは可能ですが、セットでの使用がのぞましいでしょう。

 

タイヤ持ち込み交換なら「タイヤフィッター」

今回は「ランフラットタイヤ」の特徴をまとめました。

ランフラットタイヤの持ち込み・交換をお考えなら、当タイヤフィッティングサービスへご相談ください。

東京都23区・多摩地区・神奈川県横浜・川崎・相模原

中央区・港区・品川区・目黒区・大田区・渋谷区・町田市
横浜市鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区・港北区・戸塚区・港南区・旭区・緑区・瀬谷区・栄区・泉区・青葉区・都筑区
川崎市川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・厚木市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市
相模原市緑区・中央区・南区
厚木市・海老名市・綾瀬市・大和市・座間市・鎌倉市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター横浜都筑店

東京都多摩地区・埼玉県南部

八王子市・立川市・昭島市・東村山市・福生市・東大和市・清瀬市・武蔵村山市・羽村市・瑞穂町
埼玉県ふじみ野市・富士見市・志木市・新座市・三芳町・狭山市・入間市・所沢市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター武蔵村山店

東京都23区・多摩地区・神奈川県北央・埼玉県の一部

千代田区・新宿区・文京区・世田谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区
武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・小金井市・小平市・日野市・国分寺市・国立市・狛江市・東久留米市・多摩市・稲城市・西東京市
神奈川県相模原市緑区・中央区・南区
埼玉県朝霞市・和光市

上記エリアのお客様ならタイヤフィッター府中店

これら地域からのご依頼に対応しております。

どんなサイズでも、どこで購入された商品でも、組み換え作業をいたします。

お客様との信頼関係を第一に考え、アフターフォローも実施しております。

ぜひお気軽にご相談ください!

この記事のコメント

人気記事

    申し訳ありませんが、まだデータがありません。